デンタルケアとファッションの融合

「お歯黒」は、大正時代頃まで、残されていた風習であるようです。

その目的や意味するところは、時代時代によって捉え方が変わってきているようではありますが、既婚者を表わしたり、虫歯などを予防するような効果もあったようなのです。

実際にお歯黒をしてみると分かるようなのですが、歯が清潔に保たれていないと、綺麗に黒く染まる事が出来なかったこともあり、人々は歯をより美しく黒く染める為に、清潔に保つよう努力をしていたようなのです。

また、お歯黒の成分が、虫歯などを防ぐ効果のある成分が含まれていた事も、現代の科学的研究から判明しているようであります。

令和の時代になっても、お歯黒が流行ってしまったら、きっとカラーバリエーション豊富なお歯黒になりそうですね。

お歯黒が、フッションの1部と化して、街行く人々の様々なお歯黒カラーが楽しめるような古来風習のリバイバルもあるかもしれません。

主に女性の既婚を表わすようなコミュニケーションツールとして捉えられていた時代もあったようですから、今後のあたらしいアイデンテティの表現ツールとして、お歯黒はいかがでしょうか?

まさに、デンタルケアとファッションの融合と言えそうですね。

WOODFIELD 虫歯予防をはじめようのTOPへ