土手を減らさない工夫

最善は抜歯する事なく、治療して天然の歯を維持する事だと言えます。しかし、抜いて総入歯という選択をした場合にはどうすればよいものか。方法の1つとして土手を減らさぬように努力する事が求められるように思います。ポイントは3つ。①痛い義歯は使用しないようにしましょう。歯茎は炎症を起こすとそこから減っていきます。痛くなったらこまめに直してもらいましょう。メンテナンスがポイントという事ですね。つづいて②食後、入歯の掃除に加え歯茎をブラッシングして鍛える事を怠らないようにしましょう。③土手の負担を減らしましょう。例えば義歯の人口歯のかみ合わせ面の凹凸を減らしてゆき、平らなかみ合わせ面に近づけましょう。こうする事によって義歯床の裏が減り始めた土手に強く当たってしまうのを防ぎます。いずれにしても、入歯の手入れと歯茎を鍛える事がポイントになってくると言えるでしょう。また、入歯および土手を長持ちさせるのが上手な歯科医と出会えるか否かというのもまた重要なポイントだとも言えます。また、「歯槽膿漏を放置し尚且つ歯は抜かない」とどうなるかというと、火口状に歯根周囲の骨が溶け始めます。そして歯が抜ける頃には土手もぺちゃんこになってしまうのです。治療し、骨の回復に努めるというのが最良ですが、そうもいかないという事もあるでしょう。そのような場合、ブラッシングに努めて抜かずいおくor抜いて義歯にする、このどちらが良いのかは難しい所です。(ブラッシングの正確さ・熱意・持続力にもよりますが)

マウスウォッシュとは

皆さんはデンタルケアとしてマウスウォッシュを使っていらっしゃいますでしょうか。ドラッグストアなどで、手軽に購入できるマウスウォッシュは、場合によっては洗口剤などとも呼ばれております。マウスウォッシュは、出先などで使うには大変便利なデンタルケア用品であることから、口臭を気にされる女性を中心に人気の高いデンタルケア商品でもあるようです。一般的なマウスウォッシュは、うがい薬として販売されているものが多いようですが、うがい薬として販売されているマウスウォッシュは、口臭予防や口腔洗浄などを目的としているようで、液状歯磨きと呼ばれる製品とは異なる目的を持った製品であるようです。液体歯磨きは、マウスウォッシュと異なる点は、歯ブラシを使ってブラッシングするための歯磨き剤となります。一般的な練りタイプの歯磨き剤とは異なり、研磨剤成分などが入っていないことからソフトタイプの歯磨き剤などと考えられているようです。マウスウォッシュは皆様ご存知の通り、お口の中に含んでブクブクうがいをしそのまま吐き出しますが、多くの製品のはマウスウォッシュでうがいをした後に、水で口内をすすぐ必要はないといった説明書が書かれているようです。昨今、マウスウォッシュに含まれる殺菌剤は、お口の中に常在している善玉菌への影響を与えてしまうことが懸念され、マウスウォッシュの使用をおすすめしない専門医たちもいるようなのです。お口の中の善玉菌が減ってしまうと、どうしても口内バランスが崩れがちになってしまい、マウスウォッシュの殺菌力が歯周病菌などの菌を減少させたとしても、口内バランスの乱れから歯周病菌などをかえって増やしてしまうのではないかなどとも考えられているようです。マウスウォッシュは、歯磨きなどが出来ない時に大変便利なものではありますが、使い方などを誤まりますと、口内トラブルのもととなりますので、ご使用にあたって不安を持たれている方は、かかりつけ歯科医などとご相談の上お使いいただくことなどが良いでしょう。

お子さま向けのデンタル用品「世紀の大発明」とは

お子様の虫歯予防に電動歯ブラシを利用されたいとお考えでいらっしゃる方は、多いのではないでしょうか。毎日の歯磨きを嫌がる子供達を歯磨き好きにすることは、難題な問題でもあります。各メーカーから子供向けの電動ブラシが販売されておりますが、それぞれの機種における特徴ある性能としては、お子様向けの電動歯ブラシとしてふさわしく、お子さまの小さな手にも持ちやすいよう、持ち手の部分がお子さま向けとして特殊設計であるものが多いようです。またお子様が喜ぶようなキャラクターなどが印刷されているものもあり、お子様が苦手とする歯磨きタイムが楽しめる工夫は助かりますよね。最近ではスマートフォンとの接続によって、連動することのできる電動歯ブラシなどもあるようで、Bluetooth によってスマートフォンと接続を試みることで、スマホ画面にはお子様が歯磨きを楽しめるような情報がモニター越しに表示されるようです。いつもの歯みがきタイムをお子様達が楽しみながら正しいブラッシングを学べるデンタルケア用品はまさに世紀の大発明とも言いたいところでもあります。

デンタルフロスを歯磨き習慣にプラスしましょう

皆さんは「デンタルフロス」などを利用して歯と歯の隙間のケアを行っていらっしゃいますでしょうか。海外のおける一般的なデンタルケアなどを垣間見ておりますと、歯のブラッシングはもちろん大切な習慣でもありますが、多くの人々がデンタルフロスなどを利用して歯と歯の隙間の歯垢を重点的にクリーニングしているようなのです。実際に歯科医などの専門家たちにもアンケートなどを取ってみますと実際にはブラッシングと同等に歯と歯の隙間をケアすることを重要視している医師たちが多いようです。一般的には、なかなか日本人の生活習慣には結びついていない歯間ケアではあります。その昔には爪楊枝などを使用して歯と歯の間に詰まった食べかすなどを食後に取り除いている人々の姿を多く見かけましたが、爪楊枝などの先の尖ったもので歯の隙間をクリーニングすることは、歯肉などにダメージを与えてしまう可能性がありますので、できればデンタルフロスなどの専門的な歯間ケア用品を使用して歯に負担をかけないようにクリーニングすることが望ましいようです。デンタルフロスを使い慣れない方は、かかりつけ医などでご相談いただくことをお勧めいたします。デンタルフロスも使用方法を間違えますと、歯茎の炎症のもととなってしまったりすることもあるようです。デンタルフロスには様々なタイプがありますので、ご自分に合ったものをお選びいただくことも大切です。デンタルフロスを、毎日の歯磨き習慣にプラスして歯の健康キープを心掛けましょう。

デンタルフロスのすすめ

歯と歯の隙間を掃除するアイテムを「デンタルフロス」などと呼びますが、デンタルフロスは使用する方の歯の形状や状態によって、サイズやスタイルをお選びいただくことが大切です。ご利用になる本人のサイズに適さないものをご使用になると、かえって口内をキズつけてしまうようなこともあるようです。デンタルフロスは、使い慣れた方にとっては歯磨きなどとともに手軽にご利用いただける口腔ケアアイテムではありますが、初めて使う方の中で使用方法についてご不明点やご不安がある場合は、歯医者さんなどで、正しい使用方法を確認されてからのご使用をおススメいたします。海外などでは歯磨きのブラッシングよりも重要な口腔ケアであるという認識が強いデンタルフロスですが、日本ではまだまだポピュラーなアイテムとしては、認知度が低く過ぎるように個人的には感じています。一度お使いになられた方は、ご存じであるかとは思われますが、デンタルフロスは歯と歯の隙間に詰まった歯ブラシのブラッシングでは取り切れない歯垢をきれいに取り除いてくれますので、是非とも皆さんのデンタルケア習慣に加えていただきたいと考えております。

歯石に向かう心構え

皆さんのお口の中たまっていく歯垢は、唾液のカルシウムやリンなどの成分と結合することで、岩のように固い「歯石」に変化していきます。この歯石はお口の中の厄介者として扱われていますが、皆さんはどのようにお付き合いされていますか。もちろん、お口の中に歯石などは一切存在しないと言う方が一番望ましいのですが、歯石は皆さんが日常生活の中で油断する食事と食事の合間に、食べカスがもととなって硬いバリケードを築き上げていきます。一度、歯石が硬いバリケードを築き上げてしまうと、皆さんが行う歯ブラシのブラッシングでは、撤去できなくなってしまいます。歯科検診などで、デンタルクリーニングを行わない限り除去することは至難の業です。最近では、デンタルケアアイテムなどとして歯石を除去するための専門アイテムらしきものが、通信販売などのショップで見かけることができますが、専門家たちのアドバイスとしては硬い岩のような歯石を除去するには、プロの手を借りた方が無難であるようです。万が一ではありますが、お口の中をケガさせてしまったり、大切な歯茎を傷めてしまう可能性も考えられます。

健康な歯の生活習慣

現代の日本社会において歯医者さんへ行く意識に変化がみられているようです。歯医者さんは「治療」する場所ではなく「予防」する場所であるという考えは、時代とともに歯科医の存在意義にも変化を与えているようです。歯医者さんは「予防」する場所であるという考えの中には患者側の意識改革が必要です。歯の痛みを感じてから歯科医のドアをたたくのではなく、定期的に美容室に行く感覚で歯科医を訪れるような人々の意識の変化が求められているようです。セルフケアでは不十分なデンタルケアを専門医たちが施するなかで歯の健康寿命を維持することができれば、80歳で20本の健康な自分の歯を維持することも不可能ではないかもしれません。最近では、様々なデンタルケアグッズが街中のドラッグストアなどでも気軽に購入することができるようになりました。また通販市場にも海外からの優れたデンタルケア商品を目にすることができます。是非皆さんも身近なかかりつけ歯科医などで正しいデンタルケアを学びながら、日常的な生活習慣のなかで歯の健康をキープしていきましょう。

入歯の上手な歯科医を選ぶ

入歯に限った事ではないかもしれませんが、歯科医を選ぶ際に評判を気にする方は少なくないのではないでしょうか。自分の大切な身体の事です。人間誰しも、安全によい治療をしてくれる医師が良いに決まっているでしょう。もはや生活の知恵だとも言えます。しかしせっかく評価を見て聞いてとリサーチするのであれば、有効に活かしたいものです。実際には、「家や職場から通いやすい所」という理由で歯科医を選ぶ人は多いようです。他にも、料金が安い・待ち時間が短い・親切に対応してくれると言った点もポイントとなっているように思います。確かにそこも気になる点だと思います。ですが、こういった事情が、その歯科医の「腕前」と相関しているかと聞かれるとどうでしょうか。歯科にも専門があるという事を、ご存知でない方は実は少なくないのではと思うのです。当然、入歯の専門医もいます。ただ現在は、小児歯科と矯正歯科を除けば、歯科医は「何が専門なのか」を看板に出せないのです。だから、この事実を知らないという人がいるのも無理はないと言えます。しかし歯科医の得意・不得意がごちゃ混ぜの状態では混乱してしまいます。ではどうやって、入歯の上手な歯科医を探せばよいのでしょう。大切なのはまずもって評判の聞き方・検索の仕方だと思います。例えば知り合いに地元の歯科医を紹介してもらうとしましょう。「どっかいい歯医者さん知らない?」と。これはNGです。「入歯の上手な歯医者さんってどこ?」と、自分の目的に合った聞き方をする事です。要は、闇雲に探すのではなくて、ピントを絞って探しましょうという事ですね。ネットで検索する場合も同様の事が言えると思います。「近く 評判のよい歯医者」などと調べるのではなく、「入歯 評判の良い歯医者」などと具体的なワードを入れて探していくべきでしょう。可能ならば、自分が入れようとしている入歯と同じような入歯の人に聞くのがよいかと思います。例えば、総入歯を望んでいるのなら、総入歯の人に。特に「下の歯の総入歯」となると求められる技術は難しくなります。気を付けて「『下の総入歯』の評判」を聞くようにして貰いたいのです。

「ドライアイ」や「ドライマウス」の悩み

「ドライアイ」や「ドライマウス」に悩みをもつ方々は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。目や口内が乾燥してしまう事には、なんらかの理由があるはずなのです。例えば、高齢者などですと、たくさんのお薬を服用する事で、その中の成分に唾液や分泌液が出にくくなるような副作用のあるものがありますと、どうしてもドライマウスになりがちになってしまうようです。その他にも、糖尿病の人、腎不全を抱えている人、また、一時的なストレスや緊張などでも起りうるようです。ドライアイやドライマウスは、ただ単に目が乾いたり、口の中が乾いたりするだけではないかと言う人もいるかもしれませんが、目や口が乾いてしまうと、何かしらの炎症や、疾患にかかりやすくなり、大きなトラブルとして、眼科や歯科を受診しなくてはならなくなるケースが少なくないようなのです。ですから、目や口内の乾燥を、単なるドライアイや、ドライマウスとして放置しておく事は、後々の大きなトラブルや疾患に繋がりますので、初期の段階で、きちんとした処置を行う事が重要です。きちんと専門医を受診する事で、目の潤いを代用するような目薬を処方してもらえたり、唾液の変わりとして人工的な人工唾液を処方して頂ける場合もあります。まずは、専門医の受診によって、患部の症状の軽減と、その原因となっている理由をつみつける事が、ポイントでもあります。原因となる問題点を、長期間改善せずに放置するような事ですと、状態を悪化させてしまう事にもつながりますので、目や口内の乾燥がおさまるまでは、定期的な通院をきちんと行い、そのおらブルの原因をみつけましょう。「ドライアイ」や「ドライマウス」は、実感してみないと分かりませんが、普段のなんでもないような日常生活に、支障が出る事が多く、ドライアイによって、コンタクトレンズが装着できなくなってしまったり、口内の乾燥により、食欲が減少してしまい免疫力が落ちてしまったりと、当たり前にできていたような事が、突然、できなくなってしまうような事もあるようです。