歯周病のはじまりは、お口の曲がり角

歯磨き粉のCMなどでも聞き覚えのある人が多いのではないかと思われますが、「歯周病」は、日本人の40代以上の人々のうち8割ほどの人々が発症していると言われています。このようなニュースを聞いて、思わず鏡で自分自身の口内を覗いてしまった皆さんにお伝えしなくてはならない事は、「歯周病」は、軽度の炎症から始まり、自覚症状が出る事には既に、歯茎や歯根が回復不能にボロボロになっているケースがほとんどであるという研究データがるようなのです。現在、自分自身の口内に、何も炎症や痛みを感じていない人でも、常に定期的な歯科でのデンタルクリーニングや検診を行っていないと、歯周病の発症はどんどん早まるばかりであると考えられているようです。ですから「歯周病」は、痛みや違和感を感じてから歯科受診をしても、治療する術を失った状態である事が多く、既に手遅れというような状況が発生している事がほとんどであるとの事のようです。年齢を重ねていくと歯周病のリスクが高まるのは、加齢による免疫力の低下が取り上げられています。若い世代の人々の口内にも、歯周病菌は存在しているのに、その発症率が、年齢とともに増加傾向がみられるのは、免疫力低下が年齢による衰えとともに加速化されていくからではないか、といったような研究がなされているようです。ですから、若い世代の時には、歯科受診を経験した事がない人々が、ある年代に差しかかると急激に、歯科での治療などが必要となる傾向がみられるのは、お口の中のトラブルを修復していた免疫力が、年齢とともに弱りはじめたからであるといった仮説が打ち立てられているようです。