「ドライアイ」や「ドライマウス」の悩み

「ドライアイ」や「ドライマウス」に悩みをもつ方々は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。目や口内が乾燥してしまう事には、なんらかの理由があるはずなのです。例えば、高齢者などですと、たくさんのお薬を服用する事で、その中の成分に唾液や分泌液が出にくくなるような副作用のあるものがありますと、どうしてもドライマウスになりがちになってしまうようです。その他にも、糖尿病の人、腎不全を抱えている人、また、一時的なストレスや緊張などでも起りうるようです。ドライアイやドライマウスは、ただ単に目が乾いたり、口の中が乾いたりするだけではないかと言う人もいるかもしれませんが、目や口が乾いてしまうと、何かしらの炎症や、疾患にかかりやすくなり、大きなトラブルとして、眼科や歯科を受診しなくてはならなくなるケースが少なくないようなのです。ですから、目や口内の乾燥を、単なるドライアイや、ドライマウスとして放置しておく事は、後々の大きなトラブルや疾患に繋がりますので、初期の段階で、きちんとした処置を行う事が重要です。きちんと専門医を受診する事で、目の潤いを代用するような目薬を処方してもらえたり、唾液の変わりとして人工的な人工唾液を処方して頂ける場合もあります。まずは、専門医の受診によって、患部の症状の軽減と、その原因となっている理由をつみつける事が、ポイントでもあります。原因となる問題点を、長期間改善せずに放置するような事ですと、状態を悪化させてしまう事にもつながりますので、目や口内の乾燥がおさまるまでは、定期的な通院をきちんと行い、そのおらブルの原因をみつけましょう。「ドライアイ」や「ドライマウス」は、実感してみないと分かりませんが、普段のなんでもないような日常生活に、支障が出る事が多く、ドライアイによって、コンタクトレンズが装着できなくなってしまったり、口内の乾燥により、食欲が減少してしまい免疫力が落ちてしまったりと、当たり前にできていたような事が、突然、できなくなってしまうような事もあるようです。