健康な歯の生活習慣

現代の日本社会において歯医者さんへ行く意識に変化がみられているようです。歯医者さんは「治療」する場所ではなく「予防」する場所であるという考えは、時代とともに歯科医の存在意義にも変化を与えているようです。歯医者さんは「予防」する場所であるという考えの中には患者側の意識改革が必要です。歯の痛みを感じてから歯科医のドアをたたくのではなく、定期的に美容室に行く感覚で歯科医を訪れるような人々の意識の変化が求められているようです。セルフケアでは不十分なデンタルケアを専門医たちが施するなかで歯の健康寿命を維持することができれば、80歳で20本の健康な自分の歯を維持することも不可能ではないかもしれません。最近では、様々なデンタルケアグッズが街中のドラッグストアなどでも気軽に購入することができるようになりました。また通販市場にも海外からの優れたデンタルケア商品を目にすることができます。是非皆さんも身近なかかりつけ歯科医などで正しいデンタルケアを学びながら、日常的な生活習慣のなかで歯の健康をキープしていきましょう。