デンタルフロスを歯磨き習慣にプラスしましょう

皆さんは「デンタルフロス」などを利用して歯と歯の隙間のケアを行っていらっしゃいますでしょうか。海外のおける一般的なデンタルケアなどを垣間見ておりますと、歯のブラッシングはもちろん大切な習慣でもありますが、多くの人々がデンタルフロスなどを利用して歯と歯の隙間の歯垢を重点的にクリーニングしているようなのです。実際に歯科医などの専門家たちにもアンケートなどを取ってみますと実際にはブラッシングと同等に歯と歯の隙間をケアすることを重要視している医師たちが多いようです。一般的には、なかなか日本人の生活習慣には結びついていない歯間ケアではあります。その昔には爪楊枝などを使用して歯と歯の間に詰まった食べかすなどを食後に取り除いている人々の姿を多く見かけましたが、爪楊枝などの先の尖ったもので歯の隙間をクリーニングすることは、歯肉などにダメージを与えてしまう可能性がありますので、できればデンタルフロスなどの専門的な歯間ケア用品を使用して歯に負担をかけないようにクリーニングすることが望ましいようです。デンタルフロスを使い慣れない方は、かかりつけ医などでご相談いただくことをお勧めいたします。デンタルフロスも使用方法を間違えますと、歯茎の炎症のもととなってしまったりすることもあるようです。デンタルフロスには様々なタイプがありますので、ご自分に合ったものをお選びいただくことも大切です。デンタルフロスを、毎日の歯磨き習慣にプラスして歯の健康キープを心掛けましょう。