土手を減らさない工夫

最善は抜歯する事なく、治療して天然の歯を維持する事だと言えます。しかし、抜いて総入歯という選択をした場合にはどうすればよいものか。方法の1つとして土手を減らさぬように努力する事が求められるように思います。ポイントは3つ。①痛い義歯は使用しないようにしましょう。歯茎は炎症を起こすとそこから減っていきます。痛くなったらこまめに直してもらいましょう。メンテナンスがポイントという事ですね。つづいて②食後、入歯の掃除に加え歯茎をブラッシングして鍛える事を怠らないようにしましょう。③土手の負担を減らしましょう。例えば義歯の人口歯のかみ合わせ面の凹凸を減らしてゆき、平らなかみ合わせ面に近づけましょう。こうする事によって義歯床の裏が減り始めた土手に強く当たってしまうのを防ぎます。いずれにしても、入歯の手入れと歯茎を鍛える事がポイントになってくると言えるでしょう。また、入歯および土手を長持ちさせるのが上手な歯科医と出会えるか否かというのもまた重要なポイントだとも言えます。また、「歯槽膿漏を放置し尚且つ歯は抜かない」とどうなるかというと、火口状に歯根周囲の骨が溶け始めます。そして歯が抜ける頃には土手もぺちゃんこになってしまうのです。治療し、骨の回復に努めるというのが最良ですが、そうもいかないという事もあるでしょう。そのような場合、ブラッシングに努めて抜かずいおくor抜いて義歯にする、このどちらが良いのかは難しい所です。(ブラッシングの正確さ・熱意・持続力にもよりますが)