虫歯の発端

皆さんもご存知なかったかもしれませんが、「虫歯」は、実は感染症であると言われております。例えばお母さんがランチに召しあがるカレーをひと口同じスプーンでお子さまに与えることで、ミュータンス菌は知らず知らずのうちに子供たちの口の中に繁殖していくようなのです。「虫歯菌」がお口のなかに繁殖しはじめる過程にはお母さんのそのような行為が、子供達の口内にミュータンス菌を感染させてしまっているようなのです。たまたま口の中に入ってきたミュータンス菌が、すぐさま「虫歯」になるという訳ではなく、きちんと毎日のデンタルケアなどで口内環境を整えないことが、何よりもミュータンス菌の繁殖を促していると言われております。ですから子供たちの成長過程のなかで多少ミュータンス菌がお口の中に居座ったとしても、毎日のデンタルケアをきちんと行なっていれば虫歯を予防することにつながるというわけなのです。