歯を大切にするには歯ブラシの選び方も重要

虫歯や歯周病を防ぐためにも歯磨きを毎日するということは、とても大切なことです。
しかし、ただ適当に表面だけを磨いただけでは意味がありません。
歯にしっかりと当たって隙間や隅々まできれいに磨くことができるような
自分の口のサイズに合う歯ブラシを選ぶことが重要になります。
虫歯の元になってしまう歯石を落としやすいのは毛先が硬いほうがよいですが
歯ぐきを傷つけてしまう場合もあるので、刺激を与えすぎないように普通か柔らかめの毛先を
選んだほうがよいでしょう。
歯ブラシは基本的に毎日のように使用するものなので、どんどん劣化していきます。
また細菌なども付着してしまうので、衛生的に考えても一ヶ月くらいで新しく交換したほうがよいです。