歯ブラシのケアと保管方法

歯ブラシは使ったあとのケアは、毎日口の中に入れるものなので常に清潔にしておく必要があり、毛先などの劣化を防ぐためにも大切です。使用した後は毛先を指の腹でこするように洗ってきれいにします。食べ物ののこりかすなどが付着している時にはやさしく取り除くことも必要で、強く力をかけすぎると毛先が曲がってしまうので注意して洗います。保管はよく見かけるのがうがいに使用するコップなどに差している状態ですが、じめじめした場所は避けるべきです。なぜなら毛先は濡れている状態なので、かびが繁殖しやすく不衛生になりやすいからです。できるだけ風通市の良い場所において自然に乾燥する、湿気の少ない場所に保管することがベストです。