塩で歯磨きをする効果

塩は昔から歯磨き粉の代わりとして使われてきた歴史があり、現在も歯磨き粉の成分として塩が配合されている商品は少なくありません。これは塩が持つ殺菌作用や、摂取することによって口内に唾液を分泌させる効果が期待できるからだといわれています。
そして塩を利用した歯磨きは他にも、歯肉の引き締め効果があることが挙げられます。そこで塩を使用して歯磨きをすると、浸透圧によって歯茎の中の老廃物を排出しやすくなり、新陳代謝が自然と起こって引き締まった状態につながります。ただし使用する際には強い力で擦ってしまうと歯茎を傷つける危険があるので、優しく丁寧に磨くことやひどい炎症がある場合は、低刺激で優しく磨ける歯磨き粉を使用するようにしましょう。